フリーランスになる前に知りたかった成功するための「秘密」

場所や時間にとらわれない働き方として、一度は憧れるフリーランスという働き方。フリーランスとして成功するためには、多くの壁がありますが、実は成功するフリーランスにはたった一つの秘密があります。独立する前に知っておきたかったその秘密を紹介します。

フリーランスの働き方

フリーランスとは、会社に所属せず、個人のスキルや能力だけで食べていく仕事形態です。最近では、ネットの発達もあり、フリーランスとして働きやすくなってきているのは間違いありません。webライターや、プログラマーや、ノマドという言葉もよく耳にします。

逆に言えば、競争が激化しているということでもあります。webライターは、1000文字500円など安い単価の仕事も多く、高いスキルを身につけ単価を上げていくことが求められます。今後、このような働き方が一般化されていくにつれ、さらに厳しくなっていくでしょう。

自己管理で成功を掴む

成功を掴むために、自分のスキルをあげることも重要ですが、自己管理を徹底することが唯一の成功条件と言えます。自己管理とは、スケジュール管理から、自分の体調の管理など、一日単位でやることを把握し、実行することです。

フリーランスという仕事柄、出社する時間もなければ、仕事管理をしてくれる上司もいません。悪く言ってしまえば、いつでも仕事をさぼることができますし、仕事をしたくない日は一日寝ていることもできます。

しかし、これでは案件が進まないどころか、お客様からの信頼を失うばかりです。

そのため、フリーランスには様々な自己管理が求められます。

  • 納期から逆算して、スケジュールを立てる。
  • 新規の仕事をとるために、自分のスキルアップを行う。
  • 常に万全な体調を維持することで質の高い仕事をする。

まるでスポーツ選手のようですが、フリーランスもスポーツ選手も自己管理の徹底が一番の成功への近道と言えるでしょう。

逆に自己管理出来ない人は、周りにも迷惑をかけてしまうので、誰かに管理される仕事をするか、自己管理能力を高める必要があります。

自己管理を鍛えるコツ

自己管理とは、簡単に言えば決めたことを実行することです。

単純なことだと思うかもしれませんが、実はこれが難しい。明日納期の案件があったとしても、友人から夕食のお誘いがあったり、遠方から親戚が久々に会いにくるなど、日々の中に誘惑は存在しています。その誘惑に打ち勝ち、予定を実行できる人が成功を勝ち取ります。

あの大リーグで活躍するイチロー選手も毎日何があっても決めた回数の素振りをしていると言っています。イチロー選手が成功しているのは、自己管理を徹底していることが大きな要因でしょう。

まずは小さく始める

自己管理が苦手な人は、まずは小さな事から始めてみましょう。

例えば、スキルアップのための語学習得を例にしてみます。語学学習は、継続の難しさから断念してしまうケースが大半です。最初から高い目標値を自分に課していることが原因ですね。「毎日3時間勉強」や、「単語を50個覚える」などいきなり高い目標を設定しても3日坊主になってしまいます。

そこで、おすすめしたいのが目標値を低く設定することです。語学学習の場合、一日単語を1個覚えるという簡単なことから初めてみましょう。まずは継続することで習慣ができ、徐々に楽しさを覚えていきます。

自己管理は一歩一歩

将来フリーランスとして働きたい方は、自己管理の強化から始めて下さい。これは、会社で働いていてもできます。

  • 納期通りに回答出来ているか
  • 全体のスケジュール管理はできているか
  • 毎日案件の進捗はどうか
  • 他の社員の負荷状況はどうか

このように、会社でも実践できますので、少しずつ毎日を変えてみて下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA