掛川に移住して1年。住まないとわからなかった15の魅力

掛川へ移住。

それは人生のターニングポイントであり、今までの生活を捨て、新しい生活を始めるタイミング。今までの暮らしや仕事を一度リセットし、ゼロからのスタート。

私は約1年前の2017年11月に、静岡県浜松市から掛川市に引っ越してきました。同じ県内でも、「こんなに違うものなのか」と暮らしの違いに驚いたことを覚えています。

もし掛川に移住を考えているのであれば、私の移住体験談とブログがきっと役に立つはずと思い、掛川に移住をしてわかった魅力をご紹介します。

1. 新幹線が止まる

掛川の魅力でまずあげたいのが、交通網。まず、新幹線が停まります。掛川はいわゆる地方ですが、新幹線が止まるかどうかは、生活のしやすさが圧倒的に違います。

例えば、私は仕事で東京に行くことがあるのですが、こだまで東京や品川に90分、浜松に飲み行くときでも、新幹線を使えばたった15分。静岡市と浜松市の間で新幹線が止まるのは、掛川だけです。

私のように掛川に実家がない人は、お正月や夏休みに実家に帰るときにもすごく便利だと思います。

2. 東名高速道路まで駅から5分

これも非常に大切なポイント。掛川駅から車で5分の距離に、東名高速道路の掛川ICがあります。これも新幹線と同じで、東京や大阪などへのアクセスにとても貢献しています。

例えば、掛川から東京まで3時間程度で行けてしまうのです。家族で旅行に行ったり、ディズニーランドに行ったりするには、非常にいい場所だと思っています。

これが浜松だと駅からだいぶ離れたところに、高速の乗り場があり、非常に使いにくんですよね。駅近に住めば、高速道路へのアクセスも抜群です。

3. 駅前に歓楽街がある

都会にいると当たり前のように、駅の前には歓楽街があるのですが、静岡は違うんですよね。駅から少し離れたところに歓楽街があり、移動がすこぶるめんどくさいです。浜松はそれが顕著ですよね。

だから掛川に移住した時は、新幹線を降りて目の前に歓楽街や飲み屋街があるので、仕事終わりに飲んで行けます。

逆に、駅前以外は飲むところがほとんどありません。小さな居酒屋は点々とあるのですが、そこまで多くはないですね。

4. 街がコンパクト

掛川は周辺の町と合併したため、非常に面積がひろいです。しかし、生活に必要なものははすべて駅周辺に集まっています。電車や新幹線、高速もそうですが、スーパーマーケットや銀行、郵便局、病院にいたるまで、すべて集まっています。

5. 山と海が近い

掛川といえば、自然。浜松にも自然はありましたが、移住してわかったのが、浜松より自然が近いということです。掛川はお茶が有名ですが、山間部に農園があります。

また掛川駅周辺はほぼ山で、そこを開拓して街がつくられていたりするので、坂道になっているところも割とあります。

私の住んでいる場所は駅から車で10分程度の場所ですが、裏に小さな山があり、いのしし注意の札が貼られているほど。一度も見たことはありませんが、たぶんいるんでしょうねー。

海に関しては、大東町が太平洋に面しています。釣りをするのもいいし、サーフィンをするのもいいですよ。ちなみに大東町はイチゴが有名で、イチゴ狩りが楽しめます。

6. お茶が美味しい

掛川といえば、お茶ですよね。ほんとにどこにでもお茶屋さんがあります。新茶の季節になると、お茶のつかみ放題など、産地だからこその楽しみもありますよ。

7. 掛川祭りが最高に盛り上がる

掛川には掛川大祭というお祭りがあり、かなり派手にやります。屋台を引き回し、お酒を飲み、出店でご飯を食べる。参加は自由なので、祭り事が好きではない方は、遠くから眺めているだけでも大丈夫。

8. 仕事もある(製造業やお茶業中心)

掛川は製造業が非常に多いです。求人も途切れることなく出ているので、仕事探しには困らないかと。もちろんお茶の求人も多いですね。また、浜松や静岡市まで通っている人も多数見ます。磐田市にはヤマハ本社があるので、磐田市まで行く人も。

9. 暮らしに余裕がある

東京や大阪と比べ、暮らしに余裕があるのが魅力。そもそも浜松も余裕がある場所でしたが、掛川はより余裕がある。街が落ち着いているし、雑音が少ない。生活をする上で不満はないですね。

10. 若い人が増えてきた

最近、掛川駅近くで新築がバンバン建っています。住みやすいということに気がついたのか、若い人も増えてきている実感があります。

ただ駅から離れていくと、人が少なく若い人も少ないですね。人口減少が続いていますが、そこまでひどい状態ではないです。

11. 空港が近い

島田市の方に行くと、静岡空港があります。国際線と国内線どちらも飛んでいるので、飛行機乗る人にも掛川市は魅力的な街です。便数が少ないのが残念ですけどね。

12. 子どもが遊べる場所が多い

田舎だからなのか、公園が多く、小さい子ども向けに解放されている保育園やセンターが結構あります。子育てのしやすさでいえば、かなりいいほうかと。子どもの医療費も市によって違いますが、安いですね。

また、土日は磐田市のららぽーとや浜松のイオンに行く人が多数。車ですぐいけるので、人気スポットです。

13. 保育園の待機児童がほとんどいない

都心では待機児童が大問題になっていますが、掛川は全然マシです。親族と同居していたり、職場に保育園が併設されていない限りだいたい入れます。0歳児ならほぼ確実に。

14. マンションが安い

生活費がどれだけかかるのかも、移住のポイント。掛川はマンションの数に対して人が少ないのでかなり安く借りられます。たとえば、2LDK、駅から車で10分、駐車場2台、鉄筋、築10年以下という条件で6万程度です。とにかく家賃が安いので、広くていい部屋で生活できます。これで新幹線止まるのは、ほんとに最高です。

15. 治安がいい

治安の面でも、掛川は非常に安定しています。悪いニュースはほとんど聞きません。夜も普通に歩けますし、危険を感じたことはありません。

掛川に移住しよう!

以上が掛川に移住して感じた魅力です!他の都市から移住を考えているのであれば、ぜひご検討ください。掛川暮らしのマガジンでは、掛川の暮らしを紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA